Attack of Rage

Attack of Rageはメタルミュージックのファンサイトです。

ようこそAttack of Rageにお越しくださいました。
あなたのお越しをお待ちしておりました。
Attack of Rageは、メタルミュージックをこよなく愛する30代のオヤジが運営するサイトです。

 

ここはいわゆる夜のバー。
おっさんが、夜のバーで、ロックな話をしてる感じで、あれこれ綴っていこうと思っています。

ロックと言えばハードロックカフェも面白い

オヤジは、週末の夜に酒をあびながら音楽を聴くのが大好きです。
ロックバーはいたるところにありますが、
やっぱりなんといっても王道は六本木のハードロックカフェでしょう。

 

ここには日本中のミュージシャンが集まり、
夜な夜なロックをかき鳴らします。

 

 

オヤジはバーボンを飲みながらクラックラになるまで酔っ払うのが好きだ。

 

最近の若者はあんまり夜とか飲み歩いたりしないでしょ。

 

あれはダメ。ロックな魂を培うことができない。

 

最近の男の子はホント弱くなったよね。
男か女か、ぱっと見わからないこともあるくらい。

 

これじゃだめだね。

 

やっぱり男ってモンは夜な夜なひずんだギターをかき鳴らして
大暴れしながらやんちゃに生きるってモンが正解だと思う。

 

 

俺はもう年くっちまったけどなー。
でも諦めてはいないぜ。

 

イングヴェイが結構好きな俺

 

メタルと言えば、オヤジは何気にイングヴェイが好きだったりする。
始めてイングヴェイを聞いた時は衝撃的だったんだよな。
こんな早いギターがありえるのかと本気で思ったんだ。

 

 

オヤジは、イングヴェイの音楽の中では、
ライジングフォースというアルバムが好きだった。
特に「FAR BEYOND THE SUN」という曲が特に旋律が美しくて好きでな、
時間が許す限り練習していたんだよ。

 

今でもあのフレーズは忘れられないな。

 

その後は、イングヴェイの後に、インペリテリというギタリストが登場した。
彼はデビュー当初はイングヴェイのパクりだのなんだのと言われ放題だったんだけど、
良く聴くとイングヴェイの音楽と彼の音楽はまた少し違う。

 

イングヴェイはスイープピッキングが多かったんだけど、
インペリテリがどちらかというとオルタネイトメインのギタリストという印象だった。

 

ロックについて語りだすとキリないです

ロックは好きです、というか、もう好きとかを超越してしまって、生き方のベースにあるのはロックスピリッツ、パンクスピリッツです。これはもう、ロックを知る前の子供の頃から反体制だったので、なるべくしてなった知るべくして知ったのだと思います。

 

確かブランキーの解散だったような2000年から2002年まで3年続けて苗場のフジロックに行ったり、歌舞伎町にあったリキッドルーム、渋谷屋根裏、ZEPP赤坂・東京、下北のシェルターには行ったかどうか、ライブは月に2、3回行ってたこともあり、ただ外タレのライブはチケット代が高過ぎてフジロックでしか見たことなかったです。

 

ロックの何に、気がつくといつまにかドップリハマってしまって抜け出せなくなってしまったかというと、やっぱり自由と共にあるところではないかなと思います。それには反権力、反体制でなければ無理ですし、押さえつけよう足枷をはめようとしてくるあらゆる存在とは戦わないといけません。どんなやり方やカタチなのかは、それこそもちろん自由で人それぞれですが、ロックにドップリの人なら誰であれ必ずファイトしてバトルしているはずです。

 

その為のロックであり、ロックのとはそういうものだからです。

 

好きなバンドというか、私の人生のおおもとはアメリカのオルタナティブロックのバンドであるダイナソーjrです。このバンドはギターとベースとドラムの3ピースバンドなのですが、実質的にはギターとボーカルをやっているJ・マスシスのバンドと言ってもいいくらい、そのくらいJ・マスシスの存在感が大き過ぎるバンドです。

 

このJ・マスシスがすごくて、ボーカルがとにかくヘタなんです。今にも泣き出しそうなヘロヘロなボーカルと、その真逆の歪んだ攻撃的な、攻撃的と言っても誰かに向けてのものではないところが稀有なところですが、そのギターとの対比が魅力なんです。ほんと歌はへた過ぎます。ただギターは、コピーが不可能なほどの高度なテクニックと表現力。うまく立ち回っていればギターの神と言われていてもおかしくないほど、そのくらい信じられないギターを聞かせてくれます。

 

CDとしては、賛否分かれるアルバムWhere You Beenが一番好きです。これの1つ前がメジャーデビューアルバムで、多少メジャーを意識した明るく比較的聴きやすいものだったのですが、このWhere You Beenはメジャーではありえないようなダークで暗くて気怠いアルバムとなっています。メジャー2作目でこれを出すダイナソーjrに心底ほれました。

 

ロックについて語るとキリがなくなるので、このあたりまでにしておきます。

 

ダイナソーjrは、知らない人が聴いたらたぶん驚くと思います。

 

オヤジより
このサイトに来てくれた友達からコメントを頂いたぜ。こういうのはありがたいもんだな。
ダイナソーjrか。ジャパニーズロックはあんまり聴いたことなかったけど、興味深いから今度聞いておくぜ。
ありがとな。また何か新しいことがわかったらぜひ連絡して欲しいぜ。

ホーム RSS購読 サイトマップ